MENU
main_lumbago

なぜ腰痛は起きるのか

背骨の構造

多くの人が悩んでいるにも関わらず、「腰痛は二本足で立つ人間だけの病気であり、本当の意味で予防する方法はない」とよく言われます。
その理由には背骨の構造が関係しています。
人間の背骨は一本、長い骨が通っているのではなく、骨盤の上に短い骨の「椎骨(ついこつ)」が積み木を積み上げるように並び「脊椎(せきつい)」を形成しています(その中でも腰の骨の部分は、「腰椎(ようつい)」と呼ばれます)。そしてそれぞれの椎の間に、クッションの役割を果たす「椎間板」が入っています。
この基本的に不安定な、言わば「細長い積み木のような長く伸びた構造」を、前後左右から筋肉で支えているのです。

原因の多くは筋肉の衰え

脊椎は、横から見ると緩やかなS字を描います。これが二本足で直立した時の、本来の姿勢であり、とくに前後から支えている腹筋と背筋は天然のコルセットとも言えるほど非常に重要です。
この腹筋と背筋が年齢とともに衰えてくると、背骨のずれや腰痛を起こしやすくなります。
腰痛は、内臓疾患や心因性の病気から生じる場合や、変形性股関節症のように、他の病気の似た症状として起きることもあります。
また腰痛の発生原因自体がはっきりしないことも少なくないと言われますが、それでも原因の大半は、腹筋・背筋の衰えからくるものと考えられるでしょう。
とくに40歳代以降となると、意識して鍛えない限り、腹筋と背筋はどうしても弱ってくるものなのです。

腰痛は身体からのSOS

背筋や腹筋の衰えにより、脊椎が本来の自然なS字を維持することができなくなり、その分、椎間板や椎体・関節にさまざまな負荷・ストレスが、長年に渡って蓄積されていきます。そしてある日突然、それが強い、ないし鈍い腰痛となって現れるわけです。
つまり人体の構造上、二本足で立っているだけで、加齢とともに、脊椎に様々な負担が掛かってくるようにプログラムされているわけです。
腰痛はその結果、発せられるシグナルであり、自然体の姿勢が保てなくなってきたことを告げる、身体からのSOSでもあるのです。

腰痛治療は深谷接骨院にお任せください

痛みが取れない腰痛はございません。
深谷接骨院では、病院で手術をしても治らなかった腰痛患者も施術し、痛みを取り除くことに成功しております。
私自身も腰痛もちでしたが、腰痛の辛さから解放されたときの気持ちは今でも忘れません。深谷接骨院で施術し、腰痛から解放され、笑顔で帰る患者さまを見ることが何よりの喜びです。

保険診療料金表

 初診料再診料
1割負担230円 ~ 550円60円 ~ 230円
2割負担470円 ~ 1,100円120円 ~ 460円
3割負担700円 ~ 1,650円180円 ~ 770円

※ 1回の治療時間は、手技療法5~15分、電気治療15分です。(症状により異なります。)

針治療料金表

初診料再診料
3,000円 ~ 5,000円2,500円 ~ 4,500円

※ 治療時間は1時間前後です。

治療機器のご紹介

全身運動治療器

超音波観察装置

ウォーターベッド

人工知能電気治療器

©2016 有限会社 リバース